• 富士山の銘水_1
    #ナイスな代表 #お客様を幸せに #女性が活躍 #未経験者でも歓迎 #職場見学できる #若手スタッフ活躍中 #外国人も歓迎
    富士山の銘水㈱
    ミネラルウォーター事業を手掛ける「富士山の銘水」(富士吉田市上吉田)。「おいしくて安心安全な富士山の天然水を、一人でも多くのお客さまに届けたい」という思いを原点に、2010年に創業しました。とくにウォーターサーバー「フレシャス」は、多くのユーザーに支持されるブランドになっています。今回は、代表取締役の粟井英朗さんと、コールセンターで働く加藤美波さんにお話を伺いました。
  • 代表取締役の粟井英朗さんは、大阪府出身。約20年前に富士北麓に「Iターン」し、65歳で起業しました。会社が目指すもの、そして地域への思いなどを語っていただきました。

  • ――貴社が提供しているのは、どんな商品ですか?

    当社は「きれい」「おいしい&健康」「豊富」をキーワードに、ミネラルウォーター事業を展開しています。本社・工場が位置する富士吉田市は、地下水汚染の原因となる畜産圃場やゴルフ場などが少なく、水がとてもきれい。ミネラルが程よく溶け込み、バナジウムも豊富で、まろやかで口当たりが良い水なんです。
    また、富士山に蓄えられている地下水は約300億トン。豊富な水資源を有していることは、当社、そして富士北麓地域の強みです。宅配水市場全体で見ても、およそ20%の水がこの地域で汲み上げられているんですよ。
    目指すは、世界一の品質。そして、省エネ機能や利便性、優れたデザインを兼ね備えたサーバーをお客さまに提供していきます。


  • ――経営者として大切にされていること、ご自身の信念を教えてください。

    「会社一番 社員一番 地域一番」ということです。売上や利益を伸ばし、業界トップの会社に成長させるのはもちろんですが、地域に認められる「ナンバーワン」の存在になることも大切です。そのためには、給与や働きやすさ、働きがい、すべてで社員が満足できる会社でなければなりません。

    私は、8歳のときに訪れた富士北麓に魅せられて、「この土地に貢献する仕事をする」と決めていたんです。その思いから、創業まもなく「粟井英朗環境財団」を設立。10年にわたって環境保全や地域活性化に関する取り組みを支援しています。

    富士北麓は、世界一になれるポテンシャルを持っています。この地域を観光だけでなく、文化や芸術、教育の中心になるような都市に発展させていきたいと考えています。

  • ――どんな思いを持った人材を求めていますか?

    自分のミッションにまじめに取り組める人ですね。当社では、新卒も中途も関係なく、U・Iターンを含め、この地域で活躍したいという方を採用しています。また、原則全員が正社員採用。年2回の昇給・昇格があります。

    スタートラインはみんな一緒ですし、若手も積極的に管理職に登用しているので、ぜひチャレンジしてほしいと思います。
  • 続いて、社員の方にお話を伺いました。インタビューに答えてくださったのは、「山梨コールセンター」の加藤美波さんです。加藤さんは高校卒業後に新卒採用で入社し、現在8年目。現在はオペレーターのまとめ役である係長として働いています。お仕事のやりがいや、職場の様子について教えていただきました。

    ――現在のお仕事の内容について教えてください。

    電話やメールでお客さまからいただくお問い合わせに対応する、コールセンター業務です。お水の定期配送に関することから、ウォーターサーバーの使い方、契約についてなど、さまざまな内容のお問い合わせがあります。一緒に働いているのは、およそ100人のメンバー。管理者として他のオペレーターのフォローも行っています。一日のだいたいのスケジュールは以下のとおりです。

  • ――この会社に入ったきっかけはなんでしたか?

    高校時代、卒業したら地元で働こうと決めていました。求人の数が多いのはサービス業でしたが、人と直接話すのは苦手で……。そんな時に学校の先生が紹介してくれたのが、当社のコールセンターの仕事でした。お客さまと対面で話すわけではないので、「それならできるかな」と応募したのがきっかけですね。

    ――入社して、ご自身の暮らしにどんな変化が訪れましたか?

    お水に対してのこだわりが強くなりました。富士吉田の水道水って、富士山の地下水だからおいしいと思っていたんですが、当社の水を飲むようになってすっかりそこが変わってしまったんです。わずかに入っている塩素の臭いがわかって、水道水を飲めなくなってしまいました(笑)。

  • ―― お仕事の中でやりがいや楽しさを感じるのはどんな時ですか?

    お客さまからご指摘や厳しい言葉を頂くこともあるんですが、反対に「あなたに対応してもらってよかった」「いつもおいしく飲んでいるよ。」とおっしゃって頂けることも多いです。そういう一言は、やっぱり嬉しいですね。
    また、職場には高校を卒業したばかりの若い人から、自分の親世代まで、いろいろな立場のメンバーが在籍しています。年齢関係なく仲良く働けているのは、仕事の楽しさにつながっていると思います。

  • ――ひと言で表現すると、どんな会社だと思いますか?

    「働きやすい職場」だと思います。いろいろな世代の人がいるので、ちょっとしたことでも相談しやすいです。一昨年から産休を取得したのですが、1年後に出産前と同じ立場で職場に復帰できたのは良かったです。子育て中のため、働ける時間に制限があるのですが、その部分も受け入れてもらえているのはありがたいです。

  • ――地元で働いて、日々の暮らしを送ることの良さはどんなところにありますか?

    コールセンターの部署はほとんどのメンバーが地元出身者なので、「あの人は友達の親戚」「この人は姉弟の同級生」など、意外なつながりが多いです(笑)。また、子どもを連れて近所を歩いていると、おじいちゃん、おばあちゃんが自分の孫のように接してくれて、地元のあたたかさを感じますね。

    ――これからの目標を教えてください。

    これからまた2人目の子どもが生まれるので、もう一度産休を取得するんです。それを終えて戻ってきたときにも、今まで通り同僚と一緒に働けたらいいなと思っています。

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    「会社と地域、社員はイコールで結ばれている」という考え方のもと、働く環境を整えている富士山の銘水株式会社。「富士北麓から、世界一の天然水を全国に届ける」という誇りを持って働けそうな会社ですね。   (聞き手 / ふじよしだ定住促進センター)

企業情報

  • 就業地

    富士吉田市

    郵便番号

    403-0005

    住所

    山梨県 富士吉田市 上吉田 4961-1

    建物名

    アクセス方法

求人情報